謹んで初春のお慶びを申し上げます。

 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
2019年は令和の新時代がスタートし、顧みれば良くも悪くも様々な出来事がございました。
個人的には、海外メジャーを制覇した大坂なおみ、シブコ、そして未だ記憶に新しいラグビー日本代表の活躍など
世界レベルで活躍するスポーツ選手から多くの感動を得ました。
2020年は何と言っても東京オリンピック・パラリンピックイヤー、日本選手の活躍が今から楽しみです。
我々も国内外問わずグローバルに貢献する企業を目指します。

 さて、肝心の2020年国内景況はどうなるのでしょうか?
昨年後半から景気指数は悪化し、今年も足踏み状態が続くとの予想が多いようです。
中国経済、米中摩擦など世界経済の不透明感に加え、国内では消費増税の影響も出ております。
民間設備主体の当社にも徐々に厳しさが伝わって参りましたが、褌を締めなおして今為すべきことを着実に進めて参ります。
今後とも変わらぬご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

 最後に、新しい年が皆様方にとりまして幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
(小林三郎)