某半導体工場の汚泥移送用として他社製スラリーポンプが使用されていましたが、
瞬間的に酸液(薄いフッ酸)が混入してくる用途であった為
FCD材質のインペラーが約3ヶ月で著しく腐食し痩せ細り、
それによる能力の大幅な低下が発生していました。

 この既設ポンプの置換で当社のラバーセルポンプ(接液部ゴムライニング)を
採用頂き、耐食性及び耐久性がUP、更には約2年間ノーメンテの成果が得られました。

 ラバーセルポンプは、この他にも酸系(塩酸・硫酸等)や
アルカリ系(苛性ソーダ等)の用途にも実積のある製品です。

 耐食性に起因する能力ダウン・ランニングコストの高騰等の課題を
抱えるお客様がいらっしゃいましたら、是非当社までお問い合わせ下さい。