大人になったということでしょうか?
最近になってようやくキムチの美味しさがわかるようになってきました。
もともと辛いものは苦手で今でも極力避けていますが、
たまたま手にしたキムチが辛さ控えめの病みつきになる美味しさで、
毎週購入するようになりました。

そもそもは、家族ができて健康に気を遣うようになったことがきっかけでした。
発酵食品は心疾患・糖尿病・早期死亡率を下げるということで取り始めましたが、
現代人は狩猟採集民時代から遺伝子構造が変わっていないのに接種する栄養の種類が少なく、
腸内細菌のバリエーションが少ない傾向にあるようです。
ケンブリッジ大学が2012年に発表した4,526人を10年追跡した研究を始め
発酵食品が健康に良いというデータが多いので、
今後も積極的にキムチや納豆、ヨーグルトなどを食べていこうと思っています。

それにしても、毎日のように新しい食品が見られる現代で、
結局は大昔の食事の方がバリエーションに富んでいて健康に良いと考えられる研究結果が多いというのは、
なんとも不思議で面白い話ですね。

みつわポンプも、「やっぱりみつわが良かった」と思われるよう善処していきます。