早いもので2019年も折り返しに近付き、梅雨の時期に入りました。
昨年は、大阪北部地震、西日本豪雨と大規模な自然災害が続いた時期でもありますが
今年は災いなく平穏であることを願うばかりです。

 ただ、異常気象という言葉は毎年のように耳にするようになり、もはやこれが
通常なのではないかとも感じます。
同時に高まる自然災害のリスクに備え、当社も遅まきながらBCPの策定に着手した次第です。

 さて、7/1には創立64年目を迎える事となり、当社事業年度の第4四半期(7~9月)へと突入します。
お蔭様で2019年度も堅調に実績を重ね、今期も目標ラインを上回るペースで推移しております。
米中貿易摩擦、消費増税等、不安要素はこの先も尽きませんが、まずは今期を良き形で締め括り、
しっかりと来期への備えに入りたいと考えます。

 我が家はリビングの床下を補強中、遂に!全く予定していなかった!〇〇〇を近々迎え入れます。
その感想は?次号でご紹介したいと思います。(小林三郎)