「みつわパイ差しストレーナー」も販売開始から3年が経過しました。製造ラインの異物混入対策製品として食品&飲料・製薬・化粧品・ファインケミカル市場をターゲットに開発したこの製品。我々の思惑通りのマーケットでご使用頂いているのかどうか、報告します。

 グラフの通り、食品飲料業界が66%を占めています。乳業とソフトドリンク製造ラインが最も多いのですが、最近の傾向としては醤油及びその加工製品が伸びています。ビール業界はポテンシャルは高いのですが、逆に導入には慎重な対応です。
 現在、焼酎・清酒・ウィスキーメーカーに注目しています。製薬業界は、ワクチン製造工程で採用され品質管理を大いに学び、電解研磨仕様の製品を生む結果となりました。化粧品業界が少し低迷していますが、このデーター集計後、大手シャンプー&リンス製造工程で採用され今後が楽しみです。ファインケミカル業界は、大手のフォトレジスト製造工程で採用されました。製薬業界でのノウハウが役立っています。

 このように、概ね期待したマーケットに採用されています。2018年みつわパイ差しストレーナーは販売開始4年目に入ります。ホースカプラー対応も追加し、製品も充実しています。どうぞ、顧客・代理店の皆さま、製造ラインの異物混入対策に「みつわパイ差しストレーナー」をご検討ください。 (龍野)